講座名Excelマクロの活用とVBA入門(2日間×6.5h(13.0h))

講座概要 Excelで資料を作成する時に同じ手順を繰り返し使うことがあります。これらの作業を「マクロ」に記録して、操作を自動化することで作業時間の短縮や操作ミスを防ぐことができます。この講座ではマクロの作成方法、編集方法を習得するほか、マクロを業務で活かせる例を紹介します

※ 本講座ではExcel2016を使用します
講座日程 2022年 7月14日(木)~ 7月15日(金)9:30~17:00 
2022年 8月24日(水)~ 8月25日(木)9:30~17:00 
2022年10月24日(月)~10月25日(火)9:30~17:00 
2022年12月 8日(木)~12月 9日(金)9:30~17:00 
講師名 西尾 美子 氏
講師紹介 ソフトウェア会社にてプログラマー・SEを経て、教育事業を担当。 現在、フリーで個人向け、企業団体向けにWordやExcelなどのオフィス製品とインターネット全般およびWeb制作、プレゼンテーションなどの教育を実施している。
到達目標 ・マクロの作成、編集、ExcelVBAの基本操作がわかる
・マクロを使うことで業務効率を上げる方法がわかる
難易度 中級
受講料 22,000円(税込、テキスト代別)
テキスト代 2,178円(税込) 
できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA(※当初予定から変更しました)
前提条件 Excel応用修了者、または同等の知識を有する方。アルファベット入力がスムーズな方
備考 関連講座
 ・ExcelVBAプログラミング実践編
 ※セット割引適用コースです

 ・Excel応用

研修での感染対策について
カリキュラム
  午前(2.5h) 午後(4.0h)
第1日 ・マクロの記録とVisual Basic Editor
・マクロの記録を活用しよう
・はじめてのマクロ作りに挑戦しよう
・オブジェクト、プロパティ、メソッド
・変数
・条件によって処理を切り替えよう
第2日 ・オブジェクトの取得
・処理を何度も繰り返そう
・実践
 支店ごとのデータを1つの表にまとめる
 一覧から特定のデータを抽出して新しいファイルに書き出す
 CSVファイルを読み込んで表形式に整える 他
受講者の声

・習ったマクロを色々組み合わせて業務効率アップを目指します。簡単に設定できることがわかった
・手で動作を覚える事ができた。独学の本だとなかなか断片的な説明になるので手が動かなかったが、身に付いたと実感している
・マクロとVBAの基本的な考え方がわかった
・簡単なマクロから使用して業務に活かせたらなと思いました
・Excelマクロについてほぼ知識ゼロでしたが、基礎的なところは理解できた
・データの量が多い時に使えそうだと思った
・わからない点については丁寧に説明していただいた
・追加資料がとても有難い
・必要な知識、技能が得られた
・初めてマクロを触ったが、一から業務に使えそうなところまで学ぶことができた
・業務で使用しているExcelファイルに対して、これはマクロでできると想像しながら学べました

受講申込