研修事業

よくあるご質問

よくお寄せいただくご質問の中から代表的なものをご紹介します。

回答  ご質問に対する回答です。
Q1

FAXやメールで申込み手続きをした後、何かすることはありますか?

A1 当センターより、メールまたはFAXで申込受付のお知らせをお送りしますので、内容のご確認をお願いします。
申込受付のお知らせは、当社に申込書が届いてから3営業日以内にお送りすることになっていますので、申込みをしたのにお知らせが届かない場合は、お手数ですが、研修担当までご連絡いただきますようお願いいたします。

Q2

受講料の支払い方はどんな方法がありますか

A2 受講される日の1週間前までに、受講料の「請求書」を、申込責任者様宛に郵送いたします。お支払いは当社指定口座へ振込いただくか、現金でお支払ください。

   
Q3 予習をしたいので、講座で使うテキストを事前にもらえますか。

A3 事前にテキストをお送りすることは可能です。お電話等でお申し出ください。テキストの在庫状況によって、すぐに発送できない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
なお、上級講座に申し込みをするうえで、初級のテキストだけ欲しいというご要望にもおこたえしています。
ページトップへ戻る

Q4 復習をしたいので、講座受講中に自分で作成したデータを持ち帰ることはできますか?

A4 講座によってはお持ち帰りいただけますので、研修中に担当講師へ希望をお伝えください。
データを持ち帰る際には、USBメモリ等の記憶媒体が必要となります。 弊社では用意しておりませんので、あらかじめご自身で準備願います

Q5 講座受講後、受講したことを証明するものをもらえますか?

A5 講座の最終日には、全日程出席された受講者に「修了証」をお渡ししています。
 

Q6 講座受講期間中、昼食はどこでとればいいのですか?

A6 研修会場(情報ビル2階専門研修室)のある同ビル5階にレストランがございます。是非、ご利用ください。
研修室内での食事はご遠慮いただいておりますので、お弁当を持参される方は情報ビル2階フロアにある休憩コーナーをご利用ください。
また、情報ビルから500メートルほど離れたところにあるショッピングセンターの中には、食品スーパーやファストフード店がございます。

Q7 受講すると、どのような助成金が受けられますか?

A7

「キャリア形成促進助成金制度」をご利用いただける講座があります。

キャリア形成促進助成金制度」とは、事業主が雇用保険の被保険者である従業員に対して職業生活設計に即した自発的な職業能力の開発、及び向上を目的として 教育訓練を行った場合に、それにかかった費用の一部が助成される制度です。

詳しくは、富山労働局雇用調整助成金センターまでお問い合わせのうえ、制度利用にあたっての受給要件等をご確認ください。

  ・富山労働局雇用調整助成金センター
   http://toyama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0013/5212/madoguchiannai.pdf
  〒930-0008 富山市神通本町1-6-9 MIPSビル
  TEL 076-432-9172 FAX 076-432-9173

 

そのほかの助成金や、当センター研修講座の割引制度については下記のページをご覧ください
 
http://www.toyama-tic.co.jp/news/post_3.html

 

 
Q8 開始時間が遅いので早めてもらえないか?

A6
以前、開始時刻を9時にしていた時もありましたが、遠方から受講される方や、冬場の道路の渋滞などを考慮し、現在では9時30分開始にしております。
研修室自体は9時には入室可能となっていますので、講習が始まるまで演習の続きや、復習等にご利用ください。
開始時刻については今後も検討していきたいと思っています。